腐敗国家日本:巨悪の創始は岩倉具視

アクセスカウンタ

zoom RSS 高度経済成長政策とは、日本にとって筋肉増強剤という猛毒、やってはならないことだったのです。

<<   作成日時 : 2007/07/26 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高度経済成長政策という、やってはならないことをやったから、日本はどうにもならない国になってしまったのです。

 すべての日本国民が、「高度経済成長政策というきわめて優れた政策があったおかげで、日本が素晴らしい経済成長を遂げられ、今の繁栄する日本があるのだ」と信じて疑わないように、日本の経済学者は、高度経済成長政策というものを、疑ったことがまったくありません。日本の経済学者はだめなのです。
 どこの誰がノーベル賞候補の経済学者なのでしょうか?日本の経済学者はすべて欧米の学者の物まね、ただのぼんくら、えせ学者です。日本の経済学者がノーベル賞をもらうようなことがあったら、ノーベル賞の終わり、世界の終わりでしょう。

 高度経済成長政策という政策がやってはならないものだったという、経済学者が言いもしないことを、ただの政治家がわかるはずもありません。
 しかし、高度経済成長政策という、やってはならない、日本の国に対して「猛毒の筋肉増強剤」を使う最悪のことをしてしまったために、日本はぼろぼろになり、どんな手当をしても立ち直れず、滅びかけているのです。
 それは、誰も気づいていないけれども、真実なのです。
 日本を救うために、これからの国会議員には、高度経済成長政策とは、やってはならない筋肉増強剤という猛毒を使ってしまった最悪の政策だったということを理解して行けそうな人が、選ばれることを期待するものです。

2007-07-23 「参議院議員には、参議院といえども、自分で法案をつくる能力のある人を選びましょう。」をご覧ください。

 高度経済成長政策が日本にとって筋肉増強剤という最悪の猛毒であったことを、これから(後日)少しずつ説明して行きます。

2007-07-16 「美しい国の美しい国歌:スウェーデン王国国歌」もご覧ください。

悪の系譜:薩摩藩→(明治維新)→明治政府→大日本帝国→昭和後期の官僚→現代の官僚

 あなた方日本国民は、今こそ、この悪の系譜を断ち切らなければなりません。

(The genealogy of Japanese evil : Satsuma-han --- (the Meiji Restoration) --- The Meiji government --- Imperial Japan --- Japan's postwar bureaucrats --- Japanese Parasite Maffia [Bureaucrats of Japan today])

 毎月1日に ”「日本の諸悪の根源は明治維新」の論理概要の目次マップ”を載せます。

             小天使みかえる MinorAngel Mikael

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高度経済成長政策とは、日本にとって筋肉増強剤という猛毒、やってはならないことだったのです。 腐敗国家日本:巨悪の創始は岩倉具視/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる